犯罪歴があっても米国入国はできますか?

ビザ 犯罪歴

もし、犯罪履歴があって、観光ビザまたは ESTA 渡航認証で米国に入国しようとしている場合は、申請の際、多少難しくなるかもしれません。 しかし、これは不可能ということではありません。

多くの場合、有罪判決を受けたかどうかにかかっているため、犯罪履歴自体は、ビザや ESTA を取得する上で実際の障害ではありません。

さらに、それは重要な有罪判決のタイプです!

殺人者および強姦犯は、「飲酒運転」(DUI)のような軽罪告発者と同じ扱いを受けません。

ESTA を取得するかビザを取得するかは、完全に申請者の犯罪歴詳細にかかっております。

以下はいくつかの例であり、おそらく入国拒否やビザ/  ESTA 渡航認証申請拒否につながることはないでしょう。

  • 飲酒運転
  • 暴行・傷害
  • 不法侵入

軽犯罪を繰返した場合、これらは、入国/査証/  ESTA 認証拒否の十分な証拠となることでしょう。申請者の入国拒否をする理由として、薬物の有罪判決が考えられます。

  • 道徳的堕落犯罪
  • レイプ、
  • 誘拐、
  • 殺人虐待、
  • 殺人、
  • 偽造

おそらく入国拒否につながるでしょう。 その場合、ESTA 申請ではなく、観光ビザ申請となります。

犯罪歴があってもアメリカ渡航をする

重要注意事項:すべての有罪判決を申告し、関連する ESTA  /ビザ申請の質問に対し、全ての回答が正直で真実でなければなりません。 これを怠り、過去の逮捕や有罪判決の申告を欠かし、詐欺行為をしたと米国移民局が判断した場合、重大な結果につながるでしょう。 情報を省略する場合は、相当の罰則と法的措置が適用されます。

法律によって犯罪の有罪判決が全面的に開示されないような英国のような国からであれば、米国のビザや ESTA 渡航認証申請を行うと、そのような権利がすべて放棄されることにご注意ください。 申請プロセス中、全ての申請者は過去および/または現在の犯罪情報を完全に開示する必要がございます。

観光ビザを申請している方は、公式な面接の段階を経ることになります。 犯罪歴があれば、面接過程で、その有罪判決に関連する公式文書を提示する必要がございます。