一般的な ESTA 渡航認証の誤り

esta 申請 エラー

ESTA を申請する際には、可能な限り正確かつ誠実にフォームを記入することが非常に重要です。 それを怠ると、申請が却下されることがございます。

ESTA 渡航認証を申請する際によくある誤りの分かりやすいリストを作成しました。

よくある ESTA 渡航認証の誤り

米国入国拒否を避けるために、慎重かつ誠実に ESTA 申請書を記入し、提出前に必ず見直す必要がございます。

最も一般的な間違いには、誤ったパスポート情報、適格質問への虚偽回答、または以前にビザで滞在期間を超えて滞在した場合などがございます。

生体認証付きのパスポートが必要です。 お客様のパスポートが生体認証であるかどうか、またはその詳細については、生体認証パスポートに関するこの記事をお読みください。

パスポートの有効期限は滞在期間を超えないことが極めて重要です。 もし、パスポートが盗難・紛失に遭い、新パスポートを取得したら、新しい申請が必要です。

ESTA を理解できず、正直に適格質問に回答できない場合、ESTA 渡航認証は拒否となるかもしれません。 誤った情報で搭乗、米国入国をしようとすると、ESTA 申請での不正行為が重大犯罪とみなされ、恒久的に禁止となる恐れがあります。 適格質問の正直な回答方法について疑問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

以前にオーバーステイをした場合、ESTA は拒否となるでしょう。 ESTA 許可を受領したら、常に全ての情報が真実で正確であるように、ESTA を更新が必要です。 該当しない場合や、パスポートや生体認証情報が間違っている場合の修正する唯一の方法は再申請です。

新しい ESTA 申請は既存の ESTA を無効にします。

米国入国拒否

ESTA の申請が却下された場合でも、米国渡航はできません。

この場合、最寄りの米国大使館または領事館で非移民ビザを申請しなければなりません。