「伝染病」とは

「伝染病」とは

多くの ESTA 申請者は「伝染病」の意味、それは何か、どう答えるべきか、風邪は伝染病に含まれるのか、不確かなことでしょう。

この記事は、別の状況でお客様がする必要があることと同様、米国税関・国境警備局 (CBP) の規定をより理解するのに役立つでしょう。

伝染病とは何か?

定義上、伝染性疾患とは、以下のいずれかの方法で伝染します。

– 血液接触または体液を介して
– 空中ウイルス
– 虫刺さされによる感染
公衆衛星への影響で、
現在風邪やインフルエンザの場合、一般的に適格質問に「はい」と答えますが、軽度の感染は治療可能で、米国市民にとって全く危険でも脅威でもありません。

2010 年 1 月 4 日現在、CDC(疾病管理予防センター)は、HIV 陽性の申請者が免疫不全の理由で米国入国禁止解除、と結論を出しております。
CDC は、「 HIV 感染者のリスクは国籍の理由ではなく、HIV 感染者との無防備なセックスやニードルシェアリングなどの特定行動に基づくからです。」とその決定を支持しました。

ESTA 申請を妨げる病気

以下は、米国税関・国境警備局 (CBP) によって公表された公式な疾患一覧です。 現在、以下の病気に罹患している場合は、ESTA 申請の一部の「あなたには伝染病に罹患していますか?」という質問に「はい」と回答する必要がございます。

リンパ肉芽腫 – リンパ節性感染症
淋(りん)病 – 性感染症
肉芽腫 – 生殖器の細菌性疾患
軟性下疳 – 性感染症
感染性ハンセン病 – 呼吸器液の長期感染
活動性結核 – 伝染病で慢性血咳に至る
梅毒(感染段階)– 性感染症 現在治療中では、進行状況、治療の診断書を提示

この質問に虚偽回答をしても、米国にて許可前慎重に検査されます。

もし、伝染性疾患が完治した、伝染性ではない疾患治療中の場合、「いいえ」の回答ですが、診断書持参が必要です。

伝染病感染もない場合は、ESTA は許可されるでしょう。 私たちは、必要個人情報を全て慎重に検討、申請許可となるようサポート致します。