申請提出

ESTA 渡航認証許可

ESTAビザ免除申請必要条件

ESTA 申請 はオンライン許可申請手続きで、日本国籍の方は、下記に記載の 米国ビザ免除申請必要条件に該当する限り、観光、商用目的での90日以内の滞在であれば、ハワイ、アラスカを含む全米国50州に渡航可能でございます。

esta 申請

米国ビザ免除必要条件 (VWP)

ESTA 申請をする日本国籍の方は、次の米国ビザ免除必要条件を慎重に読み、渡航認証取得のため、全ての必要条件に該当することをご確認ください。

  • 渡航目的観光 商用もしくは第三国渡航のための経由が必須となります。留学、就労、永住では、ESTA ビザ免除プログラムを利用出来ません。
  • 申請者は、下記対象国発行の IC 付有効パスポート保持が必須となります。           日本、英国(イギリス)、アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チリ、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン公国、リトアニア、ルクセンブルク大公国、マルタ共和国、モナコ公国、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、大韓民国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾
  • 米国移民法では、逮捕歴、犯罪歴がある方や、特定の重大な伝染病を患っている方、米国より入国拒否をされた方、 強制送還になった方 、過去にESTA認証による渡航を行い90日を超えて米国にオーバーステイした方は、ESTA 認証不適合となります。
  • 2015 年ビザ免除プログラム改定およびテロリスト渡航防止法では、2011 年3 月1日以降イラン、イラク、スーダン、シリアに渡航歴のある方や、現在在住している方は、ESTA 渡航認証での米国への渡航、入国が許可されません。(外交上、軍事上の制限された渡航は除外)イラン、イラク、スーダン、シリア国籍の渡航者は不適合となります。

米国ビザ申請

ESTA渡航認証取得のためには、渡航に先立って、電子渡航認証 (ESTA) 申請前に、日本国籍の方は上記リストの要件を満たす必要がございます。

米国ESTA渡航認証申請手続き には、申請毎に、おおよそ10分程度要します。

ESTA認証申請費用についての情報はこちらから ここをクリック.

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する