ESTA 申請が拒否となり得ますか?

esta 拒否

ESTA(電子渡航認証システム)は、オンライン自動化システムです。 ビザ免除プログラムに基づき、米国入国する申請者の適格性を判断するために作成されています。

オーストラリアと英国を含む 39 カ国がこのプログラムに参加しております。 典型的なオンライン申請には約 10 分かかりますが、通常はすぐに回答が届きます。

ESTA 拒否の誤った解釈

「保留」のステータスは拒否または許可ではなく、米国税関・国境警備局 (CBP) が、指定された申請を再検討するためにより多くの時間を必要とすることを意味しております。 このような場合、CBP の標準方針は72時間以内に決定することであるため、申請者には不合理な結論を想像しないよう、勧められます。

ESTA 申請には、申請者が個人情報を提供し、申請書のすべての質問と声明に正直に答え、VWP 対象国籍保持者である必要がございます。 個人情報が確認されると、CBP は、申請者が米国市民の健康と安全に脅威を与えないことを確認します。 これは、米国を旅行したいすべての方のための一般的な ESTA 事前審査過程です。

申請手続はかなり簡単に見えるかもしれませんが、CBP の背景と安全性チェックは複雑な過程であり、提供されたデータのすべての詳細を徹底的に調べます。 稀に、ESTA 申請が拒否されることがございます。

最も一般的な ESTA 拒否理由

ESTA 申請が拒否の最も一般的な理由は次のとおりです。

– VWP の質問の1つに虚偽の回答をした。
– 以前の渡航時、非移民ステータスで指定された許可期間を超えて米国滞在したことがある。
– 過去に米国入国または米国ビザが拒否された。
– 現在の申請パスポート番号はすでに紛失または盗難報告されている。
– 不法就労を試みた。

ビザ免除プログラムに関連する誤りは、代わりに非移民ビザを申請して解決することができます。 これは、VWP 国籍保持者以外のすべての申請者にも該当します。

拒否理由が無効なパスポート番号である場合は、新しい有効なパスポートが発給された後、別の申請を行ってください。

ESTA 渡航認証拒否決定に異議を申し立てることはできますか?

VWP 質問は、ビザ申請の必要・不必要を判断するために、米国税関・国境警備局 (CBP) が使用しており、細部に注意を払うことなくESTA 不適格とならないような要因の個人的状況を回答せず、多くの方は質問に「はい」をクリックします。そのような誤りは度々あり、誤った理由でESTA渡航認証拒否となる可能性があります。

「はい」、「いいえ」の質問に間違った回答をし、申請拒否されたと思う場合は、CBP に電子メールで連絡し、ご説明ください。

誤った綴りや転置数字などで、「認証拒否」となる恐れがありますので、多くの申請者は、提出前に全情報が正しいかどうかを見直し確認する有資格スペシャリストのサービスを選択しております。

「はい」、「いいえ」の質問に間違った回答をし、申請拒否されたと思う場合は、CBP に電子メールで連絡し、ご説明ください。

誤った綴りや転置数字などで、「認証拒否」となる恐れがありますので、多くの申請者は、提出前に全情報が正しいかどうかを見直し確認する有資格スペシャリストのサービスを選択しております。