ESTA(エスタ)申請手数料

ESTA申請料金に関して

当初ESTA(エスタ)の申請は無料でしたが、2010年9月8日より米国政府は方針を改定し、費用徴収制度が2009年旅行促進法(米国合衆国議会警察行政技術矯正法 9 項 Pub.L.111-145、9 章) により定められました。これにより、ESTA 申請の処理費用として$4.00、申請者のESTA(エスタ)が承認された場合には認証許可費用として $10.00 を支払わなければなりません。

ESTA申請費用は、アメリカ国土安全保障省により、$14.00が各申請の度に徴収されます。一般的には、ESTA(エスタ)の料金は、1度のみ費用徴収だと思われがちですが、ESTA渡航認証を一度申請申し込みをしてしまいますと、修正変更が出来ないので誤字脱字などの理由で再度申請となると、その度$14.00が徴収されます。全ての必要事項を正しく入力し、必要な全ての質問に正確に回答することが非常に重要になります。不備があった場合には、もう一度申請し直すことが必要になる場合があります。再審査は初回よりも審査が厳しくなり、旅行遅延や米国入国拒否となり得ることがありますのでご注意ください。

万が一、渡航認証拒否となった場合、申請者は約$190.00の費用をかけてビザの申請に直接アメリカ大使館へ出向かわなければなりません。

旅行の遅延や旅行承認の拒否を回避するために、多くの渡航者が安心して申請できるようにオンライン申請に特化した代理店を通じて約$70.00から$100.00の申請手数料を支払い、代行申請を依頼しています。(米国政府のすべての徴収手数料、不備や誤りがあった場合の再申請などを含む。)旅行者に代わって、これらの機関はエラーが発生した場合に無料で再申請できることを保証し、米国政府に直接申請します。

ESTA支払い方法

Visa、MasterCard、American Express、JCB などのクレジットカード決済でのお支払いが可能です。

オンライン申請フォームはこちらから link