ESTA 有効期限日-いつ ESTA は有効期限が切れますか?

esta有効期限日

ビザ免除プログラムに基づいた ESTA 申請は、対象国 38 カ国の国籍保持者で全ての適格があることを要件としています。渡航者は、一旦有効な ESTA を取得したら、ESTA の有効期限は、2 年間もしくは、2 年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日までとなることを知っておかなければいけません。

しかし、渡航経験があったとしても、ビザや有効期限を追跡することは難しいかもしれません。この記事では、ESTA 有効期限と失効に関してすぐに調べられるようにしております。

ESTA 失効日の確認方法

ESTA(電子渡航認証システム)は、2 年間有効もしくは、2 年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで有効となります。全渡航者が、渡航の度 90 日以内の滞在が可能でございます。90 日を超えてオーバーステイした場合、同 ESTA にて再渡航が難しくなる、もしくは許可されない恐れがございます。

このウェブより ESTA 申請提出をし、ステータスを確認したい場合には、こちらのリンクよりご確認ください。

ESTA が無効(2年有効期限が経過、パスポート無効)の場合、その ESTA は更新不可ですので、米国へ再渡航が決まり次第、新しい申請をすることが必須です。
万が一、氏名、国籍、性別変更の場合は、新しい ESTA 申請が義務です。
さらに、「はい」または「いいえ」の申請質問への回答が変わる場合、新しい申請が必要です。

新しい ESTA を申請する時は

ESTA 申請をいつ行うかについては特別な決まりはありませんので、申請者はいつも考慮しなければいけません。一般的な要件では、ESTA 手続きは渡航前少なくても 72 時間が許可されております。しかし、この時間内に認証許可かどうか知るためです。もし、認証拒否の場合、次の一番良い選択肢はB2観光ビザ申請になります。

一番お勧めの選択肢の1つとしては、おおよその米国渡航日程が決まり次第、ESTA 申請をすることです。確実なフライト予定が分からない状態でも、これは認証過程に重要ではありません。

さらに、現在 ESTA 渡航認証許可をお持ちの方で、氏名/性別/国籍を変更した、もしくはもうすぐパスポート有効期限が切れるのなら、新しいパスポートと新しい ESTA 渡航認証を申請することを強くお勧め致します。
先に旅行手配をすることはいつもいい考えですし、この件では、いつも不測の障害を克服するすることが出来ます。