経由地でのESTA: 経由する場合のみでも ESTA渡航認証は必要ですか?

経由地でのesta

米国に立ち寄る旅行計画ですか?その場合、米国経由に必要な書類は何か疑問に思うことでしょう。

多くの方々に運よく、ESTA のビザ免除が2009年にご利用可能になりましたので、全ての対象となる外国籍者は今や米国経由向けESTAをご利用頂けますので、特別な米国経由ビザを取得したり大使館・領事館で申請をご心配される必要はございません。申請方法と他の米国経由旅行に役立つ情報を確認するため読む。

 経由ESTA申請方法

初めに、ESTAが米国経由に有効ですから、全申請者は必要要件をご確認頂き、 ESTAオンライン登録の申請をする資格があることを保証しなければなりません。

オンラインでESTA渡航認証を申請するのは、手早くシンプルな手続きです。申請者各個人がいくつか基本的なセキュリティ質問に回答し、個人詳細、パスポートデータを含む渡航情報を用いてオンラインフォームを完了する必要がございます。経由ESTA申請をご記入される際に、 生態認証パスポートをお手元にお持ち頂くことが重要で、何かこちらでエラーがありますとお客様の申請に問題が発生しますので、申請でご記入頂く全ての情報が正確にお持ちのパスポートと詳細一致することを確認します。

また、 経由用のESTA渡航認証申請を完了する際に、時々渡航者が混乱する部分はこちらの質問です。米国渡航は他国への経由で生じるものですか?全ての質問に対し正直に、できるだけ正確に回答し、もし米国で接続フライトがあり最終目的地が別の国である場合には、こちらの質問で「はい」と回答することが必須です。

たいてい非常にスピーディーな手続きで通常数時間以内に通知が来ますが、ESTA渡航認証許可を受取るまで最大3日かかる場合もありますので、ESTA体制を管理する米国政府と国土安全保障省(DHS)では、少なくても出発の72時間前までにESTA渡航認証の申請をされることを強く推奨しております。

米国立ち寄りでのESTA渡航認証

他国へ米国経由の場合でも、米国に立ち寄り帰国する場合でも、ESTAのフォームで米国経由ビザを申請する必要があります。

経由用のESTAの定義は、電子渡航認証システムで、資格のある外国籍者が米国に2年間の期間中必要なだけ入国出来るよう設計されたビザ免除です。渡航者がアメリカ合衆国に入国する度に90日間の滞在が許可されますが、経由の場合には数時間という短い時間でしょう。ESTAは、観光、商用、または経由目的でご利用頂けます。

ESTAプログラムは、38の ビザ免除プログラム(VWP)対象国の国籍保持者向け米国渡航用観光、商用、または経由ビザの申請の簡潔で容易なシステムとして2009年に始まりました。

38のビザ免除対象国では、よく渡航される方向けまたは多くの観光者を送る方向けで、アイルランド、ニュージーランド、そしてヨーロッパ諸国多数の国籍保持者にご利用頂けるのと同様に、日本国籍保持者向けESTA もございます。

今では、米国経由ビザ申請に必要な全情報をお持ちでしたら、次回のご旅行を計画し始め、米国に立ち寄り別国へご旅行でも、巨大で多様なアメリカ合衆国を訪れるのでも、必ずESTA渡航認証を見込んでください。