なぜ ESTA 認証保留となっているのでしょうか?

最も一般的には、お客様の ESTA 申請に対して、ビザ免除プログラムに基づき、お客様の渡航適格性により、ほぼ即時に回答が通知されます。認証結果には、認証許可、認証保留、および認証拒否という3つのタイプがございます。認証許可を受けた方は、ビザ免除プログラムに基づき、米国渡航が認められております。

ESTA 認証保留のステータスは多くの場合、72 時間以内に回答がきます。しかし、特例で、米国政府がお客様の申請をもっと長く審査する場合もございます。ESTA 渡航認証保留 のステータスは、お客様の申請全体を申請提出された内容と同様、より審査している状況です。

現在のステータスが「認証保留」の場合は、数時間待ってから、ページを更新してステータスをもう一度ご確認ください。

ごく稀に、ESTA 認証保留の後に、「申請が見つかりません」というステータスが表示されることがございます。この場合、申請は正常に完了しておりません。申請失敗した場合にも、「認証拒否」の回答となる場合もございますので、ご注意ください。

申請者が ESTA 申請 拒否を受けた際でも、まだ米国渡航の選択肢がございます。ビザ免除プログラム利用では渡航することはできませんが、ESTA 申請拒否を受けたすべての方は、B1 就労ビザまたは B2 観光ビザを申請することができます。

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する