円をUSドルに両替すべき場所とタイミング

円をUSドルに両替すべき場所とタイミング

円をUSドルに両替すべき場所とタイミングについては、たくさんの選択肢があります。ほとんどのお店でクレジットカードやデビットカードが使えますが、アメリカに来る時にはUSドルを持っている方が良いでしょう。

ただ、一番良い両替レートで両替したいものです。自分の国の通貨を両替して、できるだけ多くのUSドルを手に入れたいでしょう。両替レートは場所によって大きく異なるので、一番良いのは、いろいろな場所でレートを確認することです。

アメリカに渡航するならば、ESTAへの登録を完了しておくことも大切で、これができていないとアメリカへの入国が拒否される可能性があります。これはビザ免除プログラムで、大使館や領事館に行かずにオンラインで申請が完了します。ただし、グリーンカードを持っていれば、登録は必要ありません。

また、アメリカに渡航することをカード会社に通知しておきましょう。通知しておかないと、怪しんでカードを止められてしまう可能性があります。

USドルへ両替すべき場所は?

銀行で通貨を両替する

どこで両替すべきかということはその時の為替レート次第ではありますが、銀行で外国通貨への両替を行うのが一番良いことがよくあります。銀行では円からUSドル(またはその他の両替したい通貨)へどのように両替するのか、そして手数料をいくら請求するのかを説明してくれます。オンラインでUSドルを請求すること(さらにどの紙幣が欲しいかを選択すること)も可能な場合がよくあり、あとは銀行でその外国通貨を受け取るだけで済みます。

通貨両替所で両替する

通貨両替所の両替レートの方が良いこともときどきあります。都市部や観光客がよくやって来る場所に住んでいる場合には、通貨両替所がたくさんあるのが普通です。取扱量の多い通貨しか用意していない場所もときどきありますが、USドルのような一般的な外国通貨であれば、どのお店ででも取り扱いがあります。

USドルへ両替すべきタイミングは?

理想的には、多少のUSドルを持った状態でアメリカに到着したいでしょう。渡航開始前に多少の両替を行なっておくことを推奨するのは、このためです。こうすることで、アメリカに到着した時に何か買いたくなっても、すぐに買うことができます。

到着前にできない場合には、どこで円をUSドルに両替すべきでしょうか?何らかの理由で離陸前に両替できない場合には、空港で円からドルに両替することもできます。(ただし、混雑していたり、手数料が高かったりすることが、一般的です。)また、ホテルやアメリカの両替所で両替することもできます。

一番レートの良い場所をオンラインで探しておくこともできます。しかし、問題になるのは、アメリカでの手数料の方が高くても、それを受け入れるしかなくなることです。また、そのような状況では、すぐにドルが欲しい状態になっていることが予想されます。

アメリカから帰国するとき:どこでUSドルから円に両替するか

旅行の後には、残ったドルを円に両替したいと思うでしょう。みなさんの選択肢はここでも同じです。空港、ホテル、または通貨両替所で両替することが可能です。

アメリカで両替することもできますし、母国で両替することもできます。銀行や両替所でドルを買った場合には、余ったお金を持って戻って来れば、元の通貨に戻す時の手数料を請求しないという割引を提供する会社があるため、その場合には有効活用しましょう。

税関での申告なしに10,000ドル以上の現金を持って入国することはできないことには、お気をつけください。USの観光ビザを使う場合でも、他の種類のビザを使う場合でも、ESTAを使う場合でも同じことで、なぜそんな大量の現金を持ち歩くのかを説明しなければならないですし、税金を支払う必要がある場合もあります。多額の現金を申告せずに持ち込むのは、犯罪です。