アメリカ合衆国での滞在中にESTAを延長することはできますか?

ESTAを延長するこ

旅行中に、何かが起きて、計画を変えなければいけなくなることがあります。自分で選んだり、必要に迫られたりして、外国での滞在を延長または短縮しなければならないかもしれません。どんな場合でも、それぞれの国には個別の規定や要件があり、それはアメリカ合衆国についても同じです。

ビザ免除プログラムに含まれている39カ国の人であれば、ESTAに申請しているかと思います。しかし、アメリカでESTAの延長をすることができるのでしょうか?残念ながら、それはできません。この渡航認証を使うと、アメリカ本土に90日間滞在することができますが、その日数までです。アメリカ移民局は、ビザ免除プログラムによってアメリカ合衆国への入局が認められた場合には、滞在を延長することはできないことを明らかにしています。この下でさらに詳しくご説明します。

ESTAは更新可能だが、延長はできない

申請したESTAが承認されても、それはアメリカに無期限で滞在できるという意味ではないことを、覚えておかなければなりません。この渡航認証は2年間有効で、期間中なら複数回渡航することができますが、アメリカ合衆国に好きなだけいられることを示唆しているものではありません。このプログラムを使う渡航者は最大90日間までしか滞在できず、それ以上滞在すると国家安全省によって処罰される可能性があります。

ESTAはビザではなく、渡航認証であるということは、何度も強調しなくてはいけない点です。ESTAの更新とESTAの延長には、明快な区別がなされています。ESTAを申請すると、その認証状況や有効期限を確認することができます。渡航する予定がある場合や、渡航認証の有効期限が切れそうな場合には、新たに申請を行うことが必要です。しかし、ESTAを延長することは、例外なくできません。

外国に旅行すると、不信感・心配・興奮がすべて同時に感じられます。パスポートを紛失した場合や飛行機に乗り遅れた場合に備えておくことが大切です。渡航前には、やらなければいけないことをちゃんと確認しておくことが推奨されますが、自分のESTAの状況を確認しておくことも、その1つです。

90日以上アメリカ合衆国に滞在することを予定しているのであれば、最寄りのアメリカ大使館やアメリカ領事館でビザを取得しなければなりません。ESTAの延長はできませんが、その代わりに自分にも利用できる条件や選択肢が何なのか、調べておくとよいでしょう。