新しいパスポートが発給された場合、新たに ESTA を申請しなければならないのですか?

お客様のパスポートが紛失、盗難、または失効により、最近新しいパスポートが発給された場合、米国への渡航前に新たに ESTA 渡航認証を申請する必要がございます。

新たな申請や  ESTA 更新 は、次の場合も必須です。

  • 新たなパスポートが発給された場合
  • 氏名変更になった場合 (名前/苗字)
  • 性転換の場合(この場合、渡航者は自分が快適だ思う性別を選択することができます。また、選択した性別のみに基づいて、渡航認証が拒否されることはございません。)
  • 国籍変更の場合
  • 追加で申請質問に対する回答を変更した場合、例えば、犯罪で有罪判決を受けた場合、伝染病に罹った場合などです。

渡航認証が許可となった際、ESTA 有効期限は、2年間もしくは、2 年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日までとなります。ESTA 有効期限内に、米国へ複数回の渡航をするかもしれませんが、ESTA の 2 年間の有効期限内であれば、 渡航の度に ESTA の申請は必要ございません。ただし、それぞれの米国滞在期間は、90 日以内でなくてはなりません。

お客様の滞在期間には、法的な許可期間があることにご注意ください。これは、お客様が米国在住を試みていると米国税関・国境警備局  (CBP)  職員に思われないようにするために、重要なことです。渡航毎に、どれくらい期間をあける必要があるかに関しては、具体的な要件はございません。

上記のいずれかに該当する場合は、次回のビザ免除プログラムでの渡航計画が決まり次第、すぐに ESTA 申請することを強くお勧め致します。

注意事項:  ESTA がお客様の米国滞在期間中に失効しても、お客様の出国には影響致しません。