なぜ ESTA 認証保留となっているのでしょうか?

ほとんどの場合、旅行者はESTAの申請に対してほぼ即時に申請結果を得ることができます。

以下、3種類の回答パターンが考えられます。

  • 認証の承認
  • 認証の保留
  • 認証の却下

ESTA申請が承認された場合、ビザ免除プログラムの下で米国への渡航が許可されます。

ESTA申請が保留状態の場合

ESTA申請が保留されている場合は、米国税関国境警備局(CBP)が申請書に記載された情報を審査していることを意味します。

ESTAの認証保留状態は通常72時間以上続きません。申請者には通常、この期間内に申請の最終決定が通知されます。

ESTAのオンラインフォームを送信後、申請状況が「申請保留中」となっている場合は、数時間お待ちいただき、ページを更新して再度ご確認ください。

まれに、ESTAの保留状態の後に「申請が見つかりませんでした」というステータスが表示されることがあります。この場合は、申請が正常に行われていません。このような場合は、新たに申請を開始する必要があります。

「申請の却下」は申請が不許可の場合に考えられる対応です。この場合、申請者は非移民ビザにあたる観光ビザや商用ビザを申請しなければならない場合があります。

ESTA認証が保留になる理由

ESTAビザ免除の申請をしていて、申請状況が保留中の場合、これは単にあなたのESTAが審査中であることを意味します。

ESTAの保留中の主な理由は、米国の税関・国境警備局による申請書の審査中である他、まれに米国税関国境警備局(CBP)のサイトがサーバーダウンやメンテナンスのため審査結果に時間がかかっている場合などがあります。

小さなミスや矛盾があると、ESTAの申請が遅れたり、却下されたりすることもあります。

ESTAの申請書を入力する際には、以下のことが非常に重要になります:

  • 各項目に正確な情報を入力する
  • パスポート番号が正しいことを再確認する
  • セキュリティに関する質問に正確かつ正直に答える
  • 有効なEメールアドレスと支払い方法を入力する

ESTA申請状況が審査中の場合

ESTAが審査中であるということは、申請書に入力された情報が確認されていることを意味します。ESTAの目的は、米国の対外国境の安全に貢献するために、旅行者を事前に審査することです。

すべてのESTA申請は、旅行者の身元を確認し、パスポートの盗難や紛失が報告されていないことを確認するために、国際的なデータベースと照合されます。場合によっては、CBPがESTA申請書の審査に時間を要することもあります。

指示に従い入力ミスなどなく正確な内容を入力し申請を完了した個人は、ESTAの申請状況が保留中の場合でも、慌てることなく審査結果を待ちましょう。通常申請の承認や申請結果の通達には、最大72時間かかることもありますが、まれにそれ以上要する場合もあります。

保留中のESTA申請が却下された場合は?

まれにESTAの申請が却下された場合は、入力されたすべての情報が正しいことを確認して、再申請することが可能です。小さなミスでも申請が却下されることがあります。

入力された情報が正確で、旅行者のESTA申請が何度も拒否されてしまう場合は、別のタイプの米国ビザを申請することをおすすめします。

アメリカのB1ビザ(商用)、B2ビザ(観光)非移民ビザは、大使館や領事館で申請することで取得できます。申請有効なパスポートとその他の書類が必要となります。