ESTAはまだ有効ですか?

再度米国への渡航する予定のある旅行者は、ESTAがまだ有効かどうかを確認する必要があります。

ESTAは、最初の申請で登録されたパスポートと電子的にリンクされています。前回の訪米後にパスポートを更新した人は、新しいESTAを申請する必要があります。最初のESTA登録に使用したパスポートが紛失、破損、盗難にあった場合も同様です。

ESTA有効期間は2年間で、複数回のエントリーが可能です。

旅行者は渡米前にESTAの有効性を簡単に確認することができ、到着時の問題を事前に回避することができます。到着時に有効なESTAを持っていないと、ビザ免除プログラム対象国の市民の入国要件であるため、入国が拒否される可能性があります。

アメリカのESTAは、観光目的、家族の訪問、出張やトランジットなどに利用することができます。

ESTAが有効かどうかを知るには?

ESTAの有効期間は、承認された日から始まり2年後、またはESTA保有者のパスポートの有効期限が切れた時点で終了します。旅行者のパスポートの有効期限が切れた場合や、その他の理由でパスポートが変わった場合は、ESTAは無効となります。

ESTAが有効かどうかはどうやって確認できますか?

複数回入国可能のESTAの有効期間は、ESTAが発行された日から始まります。当サイトからESTAの発行状況を確認し、発行日や有効期限の確認、ESTA電子渡航認証に記載されている情報の再確認を行うことが可能です。

申請後に旅行者のパスポートに変更があった場合、ESTAは無効となります。

2016年、ESTAに関する新しい規則が導入されました。イラン、イラク、スーダン、シリアのいずれかの国籍を有する二重国籍者や、2011年3月1日以降いずれかの国に渡航歴がある場合はビザ免除プログラム対象外となり、ESTAの申請ができなくなりました。これらの変更には例外が適用される場合があります。

ESTAの有効期限が切れた場合は、新しいESTA申請書に必要事項を入力し、こちらから申請しましょう。ESTAはアメリカに入国した時点で有効でなければなりませんが、滞在中に有効期限が切れてしまって、出国時に有効期限が切れていても問題はないということを覚えておきましょう。

ESTAの更新時期

ESTAの有効期限が切れている場合は、旅行者は再申請をしなければなりません。新しい電子渡航認証の申請は、渡米前に認証を取得しなければなりません。また、ESTAの延長はできません。

旅行者は指示に従って、ESTAの申請書求められた必須項目を入力し、すべての必要な質問に正確に答える必要があります。

入国審査官が電子的に情報を確認できるため、ESTAを印刷する義務はありませんが、一部の航空会社ではチェックイン時にESTAをプリントしたものを要求する場合があるため、旅行者はESTAのコピーを携帯することをお勧めします。