B2ビザが必要となる方は

b2ビザ

米国渡航される全外国籍の方は特別な期間、特別な目的で米国入国をするための法的書類が必要です。

米国規定は非常に厳戒で非常に複雑で、最も混乱する1つは観光・就学もしくは商用目的にどのビザが必要なのか、ということです。ビザなしで米国入国をする選択肢はありますか?この記事にて、全ての可能性についてご確認ください。

B2 ビザとは

B2 は非移民の一時的なビザで、商用目的のために B1 が発給され、楽しみや旅行目的で米国に入国することを希望するビジターに B2 ビザが発給されることです。

B2 ビザでは、アメリカ滞在中は長期間就学したり、就労することができませんが、自由に旅行したり、観光目的で都市間を移動したり、友人や親戚訪問が可能です。

各ビザは、個々の申請に応じて、特定の期間で発給され、「シングル」とは、同じビザで1回アメリカに入国でき、一方、「複数」とは、1つのビザで複数回米国へ入国することができます。

ESTA では、39 カ国の対象国の国籍保持者が、ビザの申請や手続全体を省略することなく、米国へ自由に渡航することができます。

ESTA と B2 ビザの違いとは

ESTA では、保持者は2年間に複数回の米国入国が許可され、39 カ国のビザ免除国籍保持者でなければならず、 旅行やレジャー目的でも発給されるため、実際には B2 ビザの代わりに申請が可能です。

ESTA 申請手続は、書類作成、面接、ビザ申請の処理時間と比較して、非常に簡単で、むしろ迅速です(申請あたり10 分)。

適格な ESTA 申請のためには、米国一般市民にとって脅威になるような伝染病に感染してはいけません。 犯罪歴と以前 ESTA 渡航認証拒否となったことがある場合、ESTA 渡航認証拒否の理由である可能性があります。

いずれの場合でも、代わりに B2 ビザを申請してください。

Bビザ申請方法は

B2 ビザ申請は、まずオンライン非移民ビザ申請 DS-160 フォームを記入し、最新のカラー写真も提出する必要があります。 フォームが完成したら、それを印刷して面接時にご持参ください。

面接は、在外米国大使館または領事館で予定され、 ビザ面接予約の待ち時間と処理時間は、申請する都市やビザの種類によって異なります。

これが完了すると、払戻し不可能な面接料$160 をお支払いが必要です。 領収書は面接時に必ずお持ちください。

また別に、お客様の渡航目的、帰国する意思、経済上の証明、渡航全費用の証明が必要です。

ただし、ビザ免除国籍保持の適格者であれば、本日、ESTA(電子渡航認証システム)を迷わず申請なさってください。