News

ESTAに関する最新ニュース、情報の変更など最新のアップデートをこちらからご覧いただけます。このニュースを通じて、ESTAの入手方法、入手時期、有効期限などを確認することができます。 申請プロセス中および旅行の際にも役立つ情報もこちらから。

アメリカのビザ免除プログラム(VWP)の30か国以上の国民は、最初にESTA(正式名Electronic System for Travel Authorization)に登録すれば、ビザなしでグアムに行くことができます。

グアムは、西太平洋に位置しているにもかかわらず米国の領土であるので、米国のビザポリシーが適用されます。

アメリカ合衆国の最西端に位置するグアムは、2019年には163万人を超える観光客が訪れた人気の観光地です。魅力的な歴史、美しいビーチ、美しい自然の景観を備えたグアムは、米国本土とはまったく異なる体験ができます。

この電子旅行承認システムは、便利で手間がかからず島へアクセスでき、アメリカに入国できます。

完全に電子化されており、面接に参加する必要はありません。対象になる渡航者は、自分の家から24時間いつでもグアムのESTAの申請ができます。

グアムへの旅行を計画している旅行者は、必要な書類および他のESTA申請条件について以下の内容を参考にしてください。

グアムに行くのにビザが必要?

アメリカ合衆国のビザ免除プログラムでは、いくつかの対象国のパスポート所有していれば、ビザなしでアメリカに最大90日間滞在することができます。
日本を含むVWP(ビザ免除プログラム)加盟国の人々は出発前にESTAに申請ができ、ビザの申請が必要がないので、グアムに渡航する旅行客には良い知らせではないでしょうか。

多くのビザ申請とは異なり、ESTAの申請プロセスでは、大使館へ直接書類を提出したり、面接を受ける必要はありません。代わりに、すべての書類は利便性のためにデジタルで提出されます。

グアムのESTAビザ免除プログラムは、観光、ビジネス、乗り継ぎ目的で最大90日間有効です。グアムに3か月以上滞在するには、米国の観光ビザが必要です。

グアムビザ免除対象国

現在、以下の国々が米国ビザ免除プログラムに参加しています。

これらすべての国の市民はビザなしでグアムにアクセスできますが、電子渡航認証を申請登録する必要があります。大人と同様子供もグアムに入国するにはESTAが必要であることにご注意ください。

グアム旅行に必要な書類は?

ESTAを取得するには、旅行者は次のものを用意してください:…

詳しく読む »

現在、多くの国に対してアメリカ合衆国への渡航制限がかけられています。それによって、入国できる場所が限られており、一部の国の人に対しては入国が完全に禁止されている場合もあります。

この記事では、アメリカ合衆国へ入国できない人が誰か、そして外国籍の人にどのような渡航制限がかけられているのかなど、次のような疑問にお答えします。…

詳しく読む »

ヨーロッパを旅行したことのある人なら、有名なインターレイルのネットワークがヨーロッパ中に張り巡らされていることはご存知でしょう。

アメリカにも同じようなネットワークがあるのですが、おそらくそれほど有名ではありません。…

詳しく読む »

国家の安全を高め、ビザ要件が守られていることを確実にするための後押しとして、新しい顔認証システムがアメリカの空港に徐々に導入されています。

2021年までに新しい渡航者認証システム(Traveler Verification System、TVS)が国内にある20の国際空港すべてに導入される見込みで、アメリカへ渡航する際の手続きが変化することになる場合があります。…

詳しく読む »

ベテランズ・デーは11月11日に定められたアメリカの祝日です。この日は、生きているか亡くなったかに関わらず、すべての退役軍人を称えるためのイベントが開催されます。これは戦没者記念日(Memorial Day)や軍隊記念日(Armeded Forces Day)とは違うイベントです。…

詳しく読む »

アメリカへ渡航する時にはできるだけスムーズに旅行できるようにするために、未成年者本人もその保護者もアメリカに飛行機で渡航する未成年に対する要件を事前に知っておくと良いでしょう。アメリカに飛行機で渡航する未成年者に対しては、アメリカ運輸保安庁(TSA)が業界共通のルールや手続きを定めています。…

詳しく読む »

ペットの犬や猫と一緒に休日を過ごしたいと考えている旅行者もいると思います。動物を連れてのアメリカ旅行は、とても複雑なことのように思われるかもしれませんが、渡航に必要なステップを踏み、書類を揃えておけば意外にも簡単なものかと驚くかもしれません。また、アメリカの当局の規定よりも搭乗する航空会社の規定のほうが厳しい場合もあります。それぞれの航空会社が独自の規定を定めているので、事前に確認するようにしましょう。

 …

詳しく読む »