申請提出

ESTA 渡航認証許可

News

こちらから ESTAに関する最新かつ最も関連性の高いニュース、および旅行認可プロセスに発生しうる変更情報を見つけることができます。 私たちはESTAならびに米国旅行に関する正確な情報を提供しています。
このニュースを通じて、ESTAの入手方法、入手時期、有効期限、有効期限などの最新情報を確認することができます。 申請プロセス中および米国旅行中に役立つ追加詳細を確認してください。

ESTAビザでアメリカ合衆国に超過滞在すると

ESTAビザの期間よりも長くアメリカ合衆国に滞在したい人は、たくさんいます。しかし、ESTAビザで超過滞在するとその先にある結末が待っていて、ビザの有効期限が切れるまでに米国から出国しないと、罰則の対象になることを覚えておきましょう。

厳密に言うと、ESTA(電子渡航認証システム)はビザではなく、ビザ免除制度です。ESTAを使うと、申請資格を持つ国の人は最大90日まで(複数回渡航する場合には、年間180日を超えられません。)滞在することができます。

1回の滞在が90日を超えたり、複数回渡航した合計が年間180日を超えると、これはビザ免除制度による超過滞在ということになります。ETIASは、渡航者に素敵なチャンスを提供してくれる素晴らしい制度ですが、これがあるおかげで渡航してみたいと思う人もいるぐらいです。ESTA申請フォームは、わずか数分で記入できるようになっています。

米国で超過滞在した人に襲いかかる結末とは?

米国の観光ビザで超過滞在すると、元々そのような行為を防ぐためのものなので、かなり深刻な結果が待っています。超過滞在すると、国外追放手続きが始まり、見つかると国外退去になる可能性が高いです。

ビザ免除プログラムの期間を超えて滞在し、プログラムから(当面の間)逃れても、避けられない問題があります。その人のパスポートは自動的に使用禁止となり、問題なく米国から出国することはできなくなります

ESTAビザでの超過滞在期間が1年未満 (ただし180日以上)だった場合には、アメリカ合衆国への入国禁止期間は3年となります。超過滞在期間が1年に達すると、入国禁止期間が10年となります。ただし、入国禁止が終わっても、それ以降のESTAや米国ビザの申請では、超過滞在歴があなたに不利に働きます。

超過滞在をすると、二度と米国には入国できなくなるかもしれません。さらに、超過滞在期間の長さに応じて、法的に深刻な結果がもたらされます。超過滞在期間が長ければ長いほど、その結末はより深刻なものとなります。

180日未満の超過滞在

ESTAの有効期間を超過しても、180日未満なら、将来のビザ申請が自動的に法律で禁止される訳ではありません。ただし、一時的な(非移民)ビザに申請する時には、ビザが失効する前に出国する意思があることを証明しなければならなくなります。過去に超過滞在をしたことがある場合には、それが自分に不利な証拠として働きます

180日以上の超過滞在

超過滞在日数が180日を超えると、ESTAビザでの超過滞在に対する罰則はより厳しいものになります。3年間は米国への再入国が自動的に禁止となります。滞在超過日数が365日を超えると、入国禁止期間が10年に伸びます。国外退去処分になったり、違法に米国に入国しようとしたりすると、一生入国できなくなる場合もあります。

3年または10年の入国禁止の例外

「違法な滞在」と認められない例外的な状況も存在します。このような場合には、米国からの 3年または10年の自動的な入国禁止にはなりません。以下の例は、法的に「違法な滞在」とは認められない状況の一部です。

  • 18歳未満の未成年の場合
  • 純粋な難民申請中の人の場合
  • 人身売買の被害者である場合
  • 結果を待つグリーンカード申請者の場合
  • 一時保護の対象(TPS)となっている人
カリブ海クルーズのESTA

カリブ海クルーズ乗船についてお考えでしたら、カリブ海クルーズにビザは必要か?と自分自身に問いかけていらっしゃるかもしれません。詳しく読む

アメリカ合衆国での就労

米国でお仕事をしたい場合、まず米国就労ビザの手続方法を知らなければなりません。よりよく準備を行い米国で就職するのに役立つ必要情報全てがこちらにございます。
詳しく読む

ディズニーランド観光用ESTA

米国ファミリー旅行のハイライトでは、よくディズニーランド観光が挙げられます。特にご家族にお子様がいらっしゃる場合、カリフォルニアを訪れたら、ミッキーマウスの本拠地、他の何百ものアニメ映画キャラクターは必見です。詳しく読む

プエルトリコ ビザ

プエルトリコは最も独特な旅先の1つです。その美しさ、楽園のようなビーチ、素晴らしい気候だからというだけでなく、その状況のせいでもあります。米国と繋がっており、米国入国でご利用頂く同条件の下、プエルトリコ渡航にESTAをご利用頂き、渡航者が訪れることが出来ます。詳しく読む

アルカトラズのesta

おそらく、多くの方々のようにカリフォルニア州サンフランシスコにある有名なアルカトラズ刑務所を訪れることを常に思い描いていることでしょう。1963年に閉鎖した連邦刑務所がおそらく米国では最も有名な刑務所です。間違いなく、サンフランシスコで最も有名で歴史のある刑務所です。それはともかく、何がアルカトラズ刑務所でそんなに特別なのでしょうか?詳しく読む

身体障害者の米国渡航

全ての国に身体障害のある方向けに行き来を管理する独自の基準がございます。世界中で統一したご利用者補助が可能な世界基準はございませんので、身体障害をお持ちの方の海外旅行は望ましくない面倒な事態となり得ます。詳しく読む

パスポート 紛失 アメリカ

旅行中、パスポートや他の重要書類を紛失すると信じられないほど精神的に疲れる経験となることは確かです。渡航書類、ビザや重要証明書いずれのものでも、乗換中にご自身の書類が盗難に遭ったり紛失してしまうと、特に米国では明らかに遅延となりますから、休暇中頭を最大限に悩ますこととなるでしょう。詳しく読む

アメリカ合衆国でのナイトライフ

米国には独自の複雑さと矛盾があり、世界中の観光客の関心をそそっていることは確かです。グランドキャニオン、ゴールデンゲートブリッジ、自由の女神像、いずれにせよ、 お昼の間に巡ることが出来る アメリカ合衆国の観光スポットは数多くあります。詳しく読む

アメリカ合衆国新規渡航者向けヒント初めてのアメリカ渡航

純粋な多様性の国である米国はきっと誰でもお楽しみ頂けるはずです。初めてアメリカを訪れることを考えているなら、アメリカへの初心者旅行を計画するのに役立つ、アメリカ発渡航者向けヒントを是非ご参照ください。詳しく読む

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する