ディズニーランド観光用ESTA

ディズニーランド観光用ESTA

米国ファミリー旅行のハイライトでは、よくディズニーランド観光が挙げられます。特にご家族にお子様がいらっしゃる場合、カリフォルニアを訪れたら、ミッキーマウスの本拠地、他の何百ものアニメ映画キャラクターは必見です。

カリフォルニア観光用ESTAが絶対に必要ですが、申請手続は簡単なものです。ややこしい事柄を済ませ旅行の準備をするのにお役に立つヒントを集めております!

ディズニーランド: 初めてのディズニーアミューズメントパーク

1955年創造のパークだけがウォルトディズニー自身により直接設計されたもので、ディズニーランドはディズニーコーポレーションの宝石です。そのブランドで一番古いパークとして残っておりますが、進化の最前線にあり最大の 米国における関心どころとしながら毎年、何百もの訪問者達を惹きつけています。

ロサンゼルス郊外の街、アナハイムに位置しており、ディズニーランドにはフリーウェイや公共交通機関を利用し簡単にアクセス出来ます。パークまで観光者達を連れて行く直行バスやシャトルバスがございます。到着したら、どのくらいそれぞれのアトラクションに時間をかけたいかによって、1デイ、2デイ、3デイパスのオプションをお選び頂くことが出来ます。

大人向けにも同様に子供向けにもマジックがございますので、ディズニーランドは本当に一段と優れたファミリーアトラクションです。歴代の子供達がパークを訪れてきており、本当に数少ないアメリカンバケーションの1つの慣習になっております。お子様連れファミリーが多いため、 子供用ESTAを申請する必要があり慎重にディズニーランドでの休暇を計画することが重要です

カリフォルニア・ディズニーランド観光用ESTAの取得方法

ESTA申請手続はビザ免除プログラムの一部です。単純にESTA渡航認証承認をご利用頂きますと、従来のビザの必要がなく米国あちこちに渡航をすることが出来ます。適格となるためには、米国と合意のある38カ国の国籍保有者でなければならず、その一覧にはオーストラリア、英国、カナダが含まれます。

ご利用のESTA渡航認証は2年間有効で、アメリカへの旅行が90日以下である限りご希望の観光・商用旅行をすることが可能です。カリフォルニア州はアメリカの州ですので、ディズニーランド観光にはESTAが必要ということです。

ありがたいことに、ESTA申請手続はシンプルで早いものです。ご自身の個人情報とパスポート詳細をオンラインフォームに記入し、セキュリティ関連質問に回答するだけで良いのです。ESTAファミリー申請では完了まで簡単手順で、独自の手順がありますのでそちらに従います。特別機能をご利用頂かなければなりませんが、家族全体の申請を1つの申請で登録をすることが出来、時間を節約します。さらに、1人の方の申請の下に申請をまとめることが出来ますので、手続がさらに簡単になるものです。それぞれの家族全員に対してESTA申請費用を支払わなければなりませんが、これらの申請に割引はございません。

ただし、ESTA申請におけて、こちらの特有方法はファミリーに適用されるだけではございません。友人達とグループ旅行時にも適用されます。これらの場合、同条件を使用し、グループをファミリー用ESTA申請に登録します。赤ちゃん用ESTAや養子用米国ESTAの申請時にも同じ規定が適用されます。

カリフォルニアや他の州渡航用のESTA申請を完了する時、必ずご自身のパスポート記載情報と同じものを記入し、ご自身の回答が質問表と一致するようにしましょう。ESTA渡航認証ビザ申請はすぐに済むものではなく、お客様が記入する情報はアメリカの地に降り立つ前に確認されますことを覚えておいてください。

お客様の申請手続後、オンラインフォーム完了時に入力したご自身のアドレス宛にEメールを受信します。アメリカ合衆国国土安全保障省が検証確認し承認後には、EメールでESTA渡航認証承認を受取ります。必ず、こちらのEメールを印刷し、ご自身で持参するようにしましょう

ディズニーランド観光のためのESTAを取得し、米国渡航が認可されましたら、旅行計画という楽しい部分が始まります。ディズニーランドは全ての年齢の観光者に適当でお楽しみ頂ける場所ですが、誰もがパーク以外で何か違うものを見つけます。どのようなものであれ、 ディズニーランドへの旅行はお客様にも家族全員にとっても忘れられない旅行となることでしょう。

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する