日本国籍の方向けESTA渡航認証:日本人はアメリカ合衆国渡航用のビザが必要ですか?

日本人のためのesta

簡潔に必要です!全ての日本国籍者がアメリカ合衆国へ渡航するためESTA渡航認証が必要となります!しかし、それは何なのでしょうか?なぜ重要なのでしょうか?また、どのように日本国籍者用のESTA渡航認証を取得することが出来ますか?それはお考えになられているよりもはるかに簡単です!米国ビザ免除の許可取得手続、日本国籍者向けビザ要件と日本からのESTA申請方法に関して確認するため詳細を読む。

ESTA渡航認証とは

ESTAとは、電子渡航認証システムの略で、 2009年に38カ国の国籍保持者用に当初設定されました。日本を含む特定国からのアメリカ合衆国への渡航者用に標準渡航ビザの代わりとして導入されたビザ免除プログラム (VWP)です。

米国内でラインナップされている米国での休暇、またはビジネス旅行をご計画の場合、出発前にESTAを申請する必要があるということです。アメリカ合衆国へ旅行する理由がどのようなものであっても、有効な電子パスポートを保持されている限り日本国籍保持者とみなされ、90日を超えない旅行であれば、手早く簡単なESTAオンライン申請をご利用頂くことが出来ます。

日本国籍保持者向けのアメリカビザをオンライン申請することが出来ますので、手続きが非常に迅速化・円滑化されます。オンラインフォームにお客様の個人情報とパスポート詳細を記入するだけでなく、セキュリティ質問数点に回答し申請料金をお支払い後、EメールでESTAビザ免除認証が送信されます。

ESTAプログラムでは、日本国籍保持者だけでなく、入国日より最大90日滞在での観光、商用、療養目的、または経由目的での米国渡航や米国周辺を渡航する38カ国のビザ免除対象国の国籍保持外国人にも許可されております。 ESTA有効期限は2年です。

ESTAは2年間有効ですが、渡航前にアメリカビザ免除を更新する必要がある場合には ESTA有効期限日について問題を考慮しなければなりませんので、ご留意頂くことが重要です。

日本からアメリカ合衆国に留学、外国のプレスをして雇用、永住のため渡航、または旅行が有効な90日より長い期間となる場合、地元の米国大使館から別のビザを申請しなければなりません。こちらの手続では、より長い待ち時間となる傾向がございます。 従って、出来ることなら、適格な日本国Eパスポート保持者にご利用頂ける ESTAオンライン申請フォーム を通して申請するのが望ましいものです。

日本からのESTA申請方法

様々な 米国休暇用の渡航書類を収集し日本からアメリカ合衆国用ビザのパスポートを送るかわりに、日本国籍者向けの米国ビザ免除プログラムの申請をするほうが今では非常に簡単手続で、快適なご自宅から10分以下で行うことが出来ます。

始める前に、初めのステップには申請者は有効な日本国電子パスポートを保持していなければならないという申請資格確認が含まれます。プライバシー保護と個人情報盗難からの保護を確実にするために、電子パスポートには特別なセキュリティ機能搭載のパスポート生体認証ページに同情報を含む電子チップが入っており、それによりESTAで電子的にお客様の個人特定書類にリンクすることが出来、またESTAご利用の方がビザ免除認証を印刷することなく渡航することが出来るようになります。

申請資格があることをご確認頂きましたら、こちらの簡単な3ステップの手続に従います。

  1. お手持ちの電子パスポートを用いて、オンラインESTAフォームにアクセスし、個人詳細情報だけでなくお手持ちのパスポート情報を記入し、加えて最後に渡航・セキュリティ質問に回答する申請を開始します。
  2. ESTA申請フォームの入力が完了しましたら 、クレジットカードまたはデビットカードでの申請料金のお支払いが必要となる、お支払ページにリダイレクトされます。
  3. 最後に、簡単にESTA渡航認証申請が米国国土安全保障省により承認されましたら、確認のEメールを受取ります

そうしますと同様に、日本国籍者向けESTA渡航認証でアメリカ冒険を設定する準備が出来ます!ESTAは米国入国を保証するものではありませんが、渡航するための前提条件でそれなしでは出発出来ませんので、ご注意頂くことが重要です。そう、先延ばしにせず、今すぐESTAビザ免除の申請をなさってください。

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する