身体障害者の米国渡航

身体障害者の米国渡航

全ての国に身体障害のある方向けに行き来を管理する独自の基準がございます。世界中で統一したご利用者補助が可能な世界基準はございませんので、身体障害をお持ちの方の海外旅行は望ましくない面倒な事態となり得ます。

例として、急勾配、穴、ひどく狭い道や歩道など健常者であれば考えない事でさえ、しばしば身体障害をお持ちの方には重大な難問となる場合もございます。

運よく、身体障害をお持ちの方に関して言えば、米国ではだいぶ対処されております。1990年に制定されたアメリカ障害者法(ADA)では、1993年以降に建てられたレストラン、ホテル、美術館などの全ての公的・私的建物、公的交通機関において車いすを利用出来るようにされています。世界の他の地域へ訪れるよりも容易に障害者が米国渡航を出来るということです。

医療保険と交通機関の利用のしやすさ

到着前に、米国滞在期間中、どの宿泊施設を利用する必要があるか考慮することが推奨されます。確実に適切な 米国旅行のための医療保険に加入することに関して言えば、特に重要です。ご自身の母国の保険証は米国では有効ではございません

目的地に着くまで利用する交通機関によって、ご利用頂く飛行機、客船、バスなどがきちんと利用出来るものであることを前もってお電話でご確認頂くことが賢明かもしれません。例として、60席以上ある飛行機であれば車いす搭載がなければならないものです。ウェブサイト上でそれ自体を宣伝しているからといって常にそうだとは限らず、搭乗時お客様が予想外の困難に遭遇する場合もございます。

事前計画をし、望ましくない驚きを回避

渡航先に関わらず、障害をお持ちの方がアクセス上の問題を抱える場合もありますが、追加手順をいくつか経ることで、確実にお客様のバケーションが台無しにならずに済みます。事前計画に関する最重要事項:早めにご利用頂けるホテル客室をご予約ください。短期間のご利用のため、ご利用頂ける客室はすぐに満室となる傾向がありますので、出来る限り早めにご予約ください。

ご自身の ESTA申請前でも、 極めて詳細までご利用頂くルートを綿密に計画しましょう。ほとんどの米国観光スポットでは障害をお持ちの方でもご利用頂け、ランプが取付けられており滑らかな舗道や平らな地面となっておりますが、昔ながらの場所にはアクセスできない可能性がございます。訪れたい場所がアクセスできるか、事前電話連絡をし確認:お客様の訪問を台無しにするような急な坂、階段や玉石さえないことを確認しましょう、またそのようなことが起こらないようにしましょう。

万が一の場合に備え、代替プランを考えておくことも賢明です。起こり得る問題全てに備え、もともと計画したものが実行できない場合の非常時に備えた計画を考えておきましょう。例えば、ラスべガスの通りでぶらついている最中に、ご使用されている車いすが壊れてしまったら、どうしましょう?

米国旅行時の障害者のメリット

幸運にも、米国には障害者に関してほとんど対応する法令がございます。ご自身の ESTAフォームに様々な部分で米国訪問において最も困難な部分を記入します。一般的に、米国渡航時には渡航者がそんなに問題に遭遇しません。

連邦レベルで適用になるアメリカ障害者法(ADA)が制定されているため、渡航中、アメリカ人は通常障害者が体験する苦心を意識しています。お客様が渡航中アドバイスを必要としたり助けが必要な場合に、米国全土旅行中助けようと努めるコミュニティグループや組織が多々ございます。

最終的に、到着前米国を訪問したことのある他の渡航者達のアドバイスを聞くことも出来ます。どのような場所が訪問するのに努力が必要なものであったか?どの場所が最も対応しているものであったか?少々進んだ計画を立てたり調査をすることで、お客様の米国旅行が成功するものとなることでしょう。

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する