米国就労許可取得方法

アメリカ合衆国での就労

米国でお仕事をしたい場合、まず米国就労ビザの手続方法を知らなければなりません。よりよく準備を行い米国で就職するのに役立つ必要情報全てがこちらにございます。

就労ビザの異なる種類

米国でお仕事をするために、就労許可を取らなければいけません。ビザがそれぞれの社会や専門分野に採用されており、独自のアルファベットコードが付与されています。全ての国々の全国民に有効なもので、これらの規則がアメリカの就労ビザを確保することに興味のある方向けに適用されるものです。

これらの種のビザを取得するために、申請者はまず米国にある企業から労働契約や就職のオファーをもらわなければなりません。それから、雇用者が外国籍労働者を公式に雇用する前に、申請、I-129フォームを米国移民局へ登録しなければなりません。
それぞれの就労ビザ一覧は以下の通りです。

  • H1A:正看護師 / 臨時雇用
  • H1B:学士あるいはそれ以上の資格が必要な特殊技能職、または有名アーティスト、パフォーマンス・アーティスト、アスリート、モデルやそのアシスタント
  • H2A:臨時・季節農業労働者
  • H2B:米国労働者が不足している場合の一時的雇用労働者
  • H3:米国企業や外資系企業子会社の研修生
  • H4:H1Bビザ保有者の配偶者および子供達(就労することは出来ません。)
  • L:親会社・子会社に転勤となった多国籍企業の管理職または役員(最低1年の勤続経験必須)
  • H1Bビザが仕事の幅広い範囲をカバーしておりますので、申請者によく利用されるものです。

アメリカ就労ビザ取得方法

最初に、オンラインや該当現場で行う能動検索が十分に必要です。もちろん、 アメリカ合衆国観光ビザで渡航し、連絡先や面接を探すことが出来ます。しかし、就労を開始することは出来ませんので、米国を離れ母国でご自身のビザ申請を行わなければなりません
就職先が決まったら、雇用者がI-129フォームを申請します。申請が承認されたら、雇用者が就労許可、I-797フォームを受取り、そちらが候補者に送付され候補者が地元の米国大使館でビザ申請が出来るようになります。申請には以下書類の添付が必須です。

  • 有効なパスポート
  • DS-160フォーム確認ページ
  • 写真1枚(過去6か月以内に撮影されたもの)
  • I-797フォーム原本(そのフォームが2か月以上前に承認されたものである場合には、雇用者からの確認文書を添付すること)
  • 必要な場合には、他の付随文書

ただし、米国当局ではI-797フォームを確認しますので、こちらがお客様の就労ビザが発給されることを保証するものではございませんのでご注意ください。

それから、大使館から個人面接のため連絡があります。時には、健康診断が必要となる場合もございます。H1BビザとL1ビザの有効期限は通常3年間です。(同等期間で一度更新可能)そのため、該当ビザは米国の一時的労働者ビザですので、ビザ転換のためには保持者が全ての必要ステップを経ることが出来るようにしなければなりません。このようにすることで、保持者がグリーンカードや永住就労ビザの申請を出来るようになります。

時には、米国就労ビザ取得手続に時間がかかり面倒なものとなり得ます。有資格サービスや法的移民に特化した弁護士に手助けしてもらうのをためらわないようにしましょう。 管理業務を容易にし問題回避のお手伝いをすることが出来ます。

当社のウェブサイトを使用することにより、お客様のクッキーポリシーに同意します こちらをご覧ください 詳細は 同意する