米国の新しい生体認証パスポートに関する要件

米国の新しい生体認証パスポートに関する要件

米国への渡航を計画している場合、既に ESTA 渡航認証許可をお持ちでも、生体認証パスポート所持者である必要があります。 米国への入国には新たな要件があります。

この ESTA 渡航認証の要件への変更は、昨年末、パリでのテロ攻撃に伴い、米国テロリスト渡航防止法 2015 に基づいて定められました。

ESTA のためのパスポート更新

ESTA は、1渡航につき 90 日以内の短期間米国へ渡航する38カ国の国籍保持者が対象ですが、 E-パスポート保持が必要です。ESTA はコストと時間の面でより効率的で、大使館面接が不必要、時間節約、ほぼ即座の ESTA 取得が可能です。
2015 年後半発効、安全対策強化は、広報欠如により、多くの渡航者が見逃しました。

旧パスポートで ESTA 申請を行い、認証許可を受領したが、飛行機搭乗ができませんでした。

新措置反映を確認し、休日や出張をつぶさないよう、慎重な旅行書類確認をお勧めします。

生体認証パスポートを取得したら、ここで ESTA 渡航認証申請を完了可能です。 遅延を避けるため、少なくとも 72時間前に ESTA ご申請を。

生体認証パスポートとは

英国で、生体認証パスポートが2006年に導入され、多くの方がすでにそのパスポート保持者です。

生体認証パスポートと旧式の違いは、写真の電子版、誕生日と出身地、国籍と性別を含む個人情報ページの情報埋込み電子チップです 。

表紙のシンボルで簡単に識別可能。

パスポートが必要な方は、パスポート事務所へ。