アメリカに飛行機で渡航する未成年の人に求められること

アメリカに飛行機で渡航する未成年の人に求められること

アメリカへ渡航する時には、複雑な状況に置かれるのを防ぎ、できるだけスムーズに旅行できるようにするために、未成年の本人もその保護者もアメリカに飛行機で渡航する未成年に対する要件を知っておくと良いでしょう。アメリカに飛行機で渡航する未成年の人に対しては、アメリカ運輸保安庁(TSA)が業界共通のルールや手続きを制定しています。

未成年の人に対するアメリカTSAの要件は、スクリーニングおよび安全性の両方に関するものです。また、TSAがそのガイドラインを設定していますが、それぞれの航空会社も独自に一連の規定を設けています

未成年の人とは、18歳未満の子どものことを指します。ESTAの対象国から渡航する子どもの場合には、年齢に関係なくESTAへの申請が必要になります。

アメリカに1人で渡航する未成年の人の場合

子どもが1人でアメリカに渡航する場合には、航空会社によってルールが様々なので、事前に航空会社に問い合わせてください。子どもの年齢が上がるほど、付き添いなしで渡航できる可能性が高くなります。また、未成年の人がどの本人確認書類を提示しなければいけないか、その航空会社の規定を確認しておきましょう。

それぞれの航空会社の規定は少しずつ違いますが、一般的に5歳以上の子どもであれば一人で渡航することができます。ただし、追加で必要な書類がありますし、一部の航空会社では乗り継ぎ先のフライトに独自の年齢制限を課している場合もあります。

直行便がより簡単で良いでしょう。飛行機の乗り換えがなく、フライトアテンダントや他の人とのやり取りも少なくて済み、物事が思い通りに進まない可能性も小さいでしょう。

単独の未成年に対するサービス

15歳未満の未成年の人については、航空会社が用意した単独未成年のためのサービスを利用しなければならない場合もあります。利用料金を払うと、目的地まで子どもに同伴してくれますが、航空会社に事前に申し込むことが必要で、通常は予約時に伝える必要があります。

フォームに情報を入力しなければなりませんが、そこには目的地に子どもを迎えに行く人の名前も含まれます。目的地に子どもを迎えに行く人は写真付きの身分証明書を提示しなければなりません

親と一緒に渡航する未成年の人の場合

繰り返しになりますが、子どもが身分証明書を提示する必要があるかは、それぞれの航空会社に独自の規定があるので、事前にご確認ください。必要になる疑いがある場合には、念のため子どもの出征証明書やパスポートを持っていきましょう。アメリカに渡航する場合には、子どもでもESTA渡航認証の取得が必要になるのが普通です。渡航する前に子ども用にESTAを取得する方法について調べておきましょう。

3歳未満の子どもと飛行機に乗る場合

連邦航空局(Federal Aviation Administration)では、赤ちゃんは適切に固定された補助椅子で搭乗することが推奨されています。しかし、これは規則ではなく、2歳未満の赤ちゃんは両親のひざの上に乗って無料で搭乗することができます。新生児に対して独自の規則を設けている航空会社もあり、追加書類を要求することで小さな赤ちゃんと一緒に搭乗したいと思われないようにしています。

3歳から5歳の子どもと飛行機に乗る場合

2歳を超えた幼児は、両親のひざの上に乗って搭乗することができませんので、本人用のチケットが必要になります。3歳以上の子どもについては、固定された補助椅子のついた座席が飛行機の中になくてはなりません。子ども向けの割引料金がある航空会社は、ほとんどありません。

未成年の人に対するアメリカ運輸保安庁のスクリーニング

12歳未満の人に対しては、スクリーニング手続きが軽減されます。おもちゃ、バッグ、ブランケットのようなものは検査されますが、身体検査をされることは珍しいです。液体はチェックポイントで検査してもらう必要がありますが、粉ミルクやミルクについては、通常の80〜120mlの持ち込み限度を超えて持ち込むことができます。

TSA PreCheck」と書かれた搭乗券を持つ両親と一緒に渡航する子どもは、両親と一緒に簡素化された専用レーンを利用することができます。13歳以上の子どもの場合には、本人用の「TSA PreCheck」を持っていなければならず、それがないと一緒に専用レーンを利用することができません。