B1ビザが必要な人とは

b1ビザ

もしお客様があるビザの申請資格があり滞在必要期間に応じて、または別のビザの申請資格があり米国滞在中に行いたいアクティビティに応じて、適切な米国入国ビザの申請ということで非常に戸惑うことがあるかもしれません。B1ビザが必要な方、その目的、申請方法に関して確認するため詳細を読む!

B1ビザとは

B1ビザは、各申請者の要件に応じて定められた6ヵ月間~最大1年間アメリカ合衆国に入国するための商用訪問者ビザです。

B1ビザでは、外国人が会議・コンベンションや議会参加、研究実施、交渉、議論、投資、購入または販売、スタッフ雇用、試験の受験、非プロスポーツイベントへの参加など、米国で特定商用活動を実施することが出来ます。

B1ビザの申請者が、トレーニングやセミナー出席等を含む商用・専門活動のためアメリカ旅行を考えている外国籍の方でしたら、ご自身やその会社に非常に有用です。

ESTA、B1ビザとB2ビザの違いとは

米国渡航用にB1ビザが必要かお悩みですか?米国観光ビザの異なるオプションは非常に多数あり、私達はアメリカ合衆国用の最も利用されるビザ3つの違いを明確にしました。

B1ビザとESTA渡航認証の違いとは

B1ビザの複雑さを理解した後には、 ESTAとは?とご自身に問いかけるかもしれません。しかし心配はご無用です、複雑ではございません!ESTA渡航認証は、米国渡航認証ビザ免除の対象38カ国のメンバーにご利用頂けるものです。オーストラリア、英国、オランダ、ニュージーランドを含むこれら38カ国の外国籍保持者は、90日間の米国渡航のためビザ免除の申請をすることが出来ますが、簡単なオンライン申請手続を通して申請し、個人情報、旅行書類の詳細、最後にはいくつかのセキュリティに関する質問への回答が必要です。

B1ビザに記載されているような商用活動に参加希望の対象国国籍保持の申請者は、米国大使館経由の申請をする必要はなく、非常に迅速化・簡素化されている手続のESTA渡航認証を利用し申請を行うことが出来ます。

B1ビザとB2ビザの違いとは

B1ビザに加え、観光のみのビザ・B2ビザもございます。B2ビザは、外国籍の方が非移民一時ビザの下、ツアー目的および渡航者が友人・親戚訪問、セレモニー・結婚式出席、レクリエーションコースや観光参加出来る個人活動目的で米国渡航が出来るものです。B2ビザは商用目的で渡航される方には適用となりません。

もしESTAが同様に利用出来るのなら B2ビザが必要な人を尋ねるかもしれまんが、実際にはB2ビザはESTAの申請資格がない全ての外国籍の方にご利用頂けます。また、いくつかの違いがあり、ESTAではその保持者が有効期限内に米国に複数回入国可能である一方、B2ビザは1回のみの入国ビザです。

B2ビザ申請手続はB1ビザ申請手続に非常に似ており、オンラインビザ申請フォーム後のビザ料金支払い、最後に米国訪問希望の理由証明を提出するための書類サポートだけでなく、対面での面接が必要です。

B1ビザ申請方法

B1ビザ申請には時間がかかりますので、米国へのビジネス旅行を計画した場合には、私達はすぐに申請を開始することをお勧め致します。少なくても渡航に先立ち60日前、科学目的の場合には90日前には申請手続を開始する必要があります。B1ビザ申請手続では申請者の居住国にある米国領事館または大使館で対面面接が必要になり、待ち時間は多くの要因により異なる可能性がありますが、手続きを出来る限り早めに開始することが常に推奨されております。

B1ビザ手続手順 は次のとおりです。

  • オンライン申請フォームDS-160の記入、
  • 申請完了するために写真のアップロード、
  • 申請フォーム確認ページを印刷、
  • 地元の大使館で面接予約、
  • 面接確認ページを印刷、
  • ビザ申請料金の支払いをし、ビザ支払いレシートを印刷、
  • ビザ面接のため全てのサポート文書を収集し、印刷。

B1ビザ申請には、ご自身の旅行の根拠証明、米国訪問をしたい目的証明、また帰国へのサポート証明を提出するため追加サポート書類を面接へご持参頂くことが必要でまた有用となる場合がありますので、ご考慮頂くことが重要です。

面接を含むB1ビザ申請手続を完了すると、領事館職員が結果と次回のアメリカ合衆国訪問の計画を始めるためにいつビザを受取れるかを知らせるため連絡してきます。